□ 随時、情報発信中です!□

★カンパニーデラシネラメールマガジン、開始します!★
毎月、デラシネラと小野寺修二今後の活動をお知らせするメールマガジンを配信します。
購読ご希望の方はこちらからアドレスご登録お願いします!

カンパニーデラシネラFacebook
(メディア掲載情報、稽古場レポートなど)
小野寺修二Twitter
(小野寺修二 日々のつぶやき)

白い劇場シリーズ第一回公演『分身』映像
ダイジェスト1
ダイジェスト2

カンパニーデラシネラ 『椿姫』『分身』公演
世田谷パブリックシアターにて
2018年2月4日(日)一般前売開始!
特別早割期間あり2018年1月20日〜

◉カンパニーデラシネラ早割先行◉
  受付期間:2018年1月20日(土)10:00 〜 2月3日(土)23:59
  料 金 :早割 1 演目 3,500 円/早割 2 演目セット券 6,000 円



出演者(50音順)
「椿姫」:大庭裕介、菅彩美、斉藤悠、崎山莉奈、仁科幸、
     野坂弘、増井友紀子、宮原由紀夫、牟田のどか、


「分身」:伊吹卓光、植田崇幸、王下貴司、大樹桜、田中美甫、
     辻田暁、遠山悠介、友野翔太、豊島勇士、名児耶ゆり、
     浜田亜衣、宮河愛一郎、宮崎吐夢


日程:2018年3月16日(金)~21日(水・祝)
   3/16(金) 19:30『椿姫』
   3/17(土) 14:00『分身』、17:00『椿姫』
   3/18(日) 14:00『椿姫』、17:00『分身』
   3/19(月) 19:30『分身』
   3/20(火) 16:30『分身』、19:30『椿姫』
   3/21(水・祝) 14:00『分身』、17:00『椿姫』
      *受付開始、ロビー開場は開演の 60 分前、開場は 30 分前


会場:世田谷パブリックシアター(〒154-0004 東京都世田谷区太子堂 4 丁目 1 番地 1 号)


【チケット料金】2018年2月4日(日)以降(前売・当日ともに)全席指定席・税込
  一般:4,000 円 / 2演目セット券:7,000 円
  U24:3,000 円
  高校生以下:1,000 円
    ※未就学児入場不可


【チケット取り扱い】世田谷パブリックシアターチケットセンター(電話、オンライン)
           デラシネラウェブサイト
           チケットぴあ(2018年2月4日一般前売発売開始以降)


演出:小野寺修二
テキスト:山口茜
照明:吉本有輝子
音響:池田野歩
衣装:駒井友美子(静岡県舞台芸術センター)
演出助手:藤田桃子
舞台監督:棚瀬 巧
イラスト・チラシデザイン:チャーハン・ラモーン
制作: 合同会社 syuz’gen
主催: 株式会社デラシネラ
助成: 芸術文化振興基金
提携: 公益財団法人せたがや文化財団/世田谷パブリックシアター
後援: 世田谷区


CoRich舞台芸術まつり!2016春 受賞発表 特設ページ


椿姫は「CoRich舞台芸術まつり!2016春」グランプリ受賞記念公演です。

平成29年度岡山市市民協働推進モデル事業
ひと・まち・つくるプロジェクト
〜新しい文化芸術施設を交流と創造のひろばに〜

劇場のある「わが町」を舞台化する連続ワークショップと成果公演の継続事業をめざしています。
岡山市では、岡山市民会館・岡山市民文化ホールに代わる新しい文化芸術施設の整備を、平成34年度の開館をめざして進めています。
本プロジェクトは、これからの中心市街地の活性化や豊かな文化都市の発展につながる文化芸術施設が、市民の方々から共感と期待をもって迎えられることを目的に、連続ワークショップと成果公演の継続を通じて、多様な市民参加の機会を創り出し、魅力ある創造的なまちづくりへの機運を高めてまいります。


「わが町」ワークショップ
市民参加ワークショップは“まち歩き”から始まります。岡山市の新しい文化芸術施設が建設される千日前地区やその周辺地区をフィールドワーク。
参加者一人ひとりが地域の魅力や資源を再発見しながら、造形や身体の表現を用いて劇場のある「わが町」を創り上げ、市民の方々に公開するワークショップです。


ひと・まち・つくるプロジェクト特設ページ


【Bプロ】講師:小野寺修二(演出家)
 暮らしのスタイルを表現しよう!(全4回)
日程:2018年1月13日(土)・14日(日)・20日(土)・27日(土)
会場:さんかく岡山会議室、西川アイプラザホール
時間:各回 13時30分〜17時
参加費用:4,000円(参加費用はワークショップ初日に申し受けます)
募集人数:20人程度 ※応募多数の場合は抽選
募集対象:中学生以上
参加要件:ワークショップは連続した内容で進行しますので、全ての回に参加してください。
応募方法:アートファームHPの参加申込書に記入のうえ、郵送またはFAX(086-294-3764)、
   または必要事項をメール(info@artfarm.or.jp)で送信(件名「わが町ワークショップ」)しても可
応募締切:2017年12月22日必着


【Aプロ】として別日程にて、講師:カミイケタクヤ(舞台美術家)さんのプログラムあります。
      詳しくはアートファームHPまで。


主催:岡山市文化振興課
   特定非営利活動法人アートファーム
助成:公益財団法人福武教育文化振興財団
協力:岡山市表町商店街連盟
   村上デザイン事務所


お問合わせ・お申込み:特定非営利活動法人アートファーム
TEL= 086-233-5175  info@artfarm.or.jp

人形劇団プーク公演
紀伊国屋書店提携
「エルマーのぼうけん」

人形劇団プーク『エルマーのぼうけん』特設ページ


原作:R.S. ガネット
脚色:川尻泰司
演出:柴崎喜彦
美術:マイヤ・ペトローヴァ
音楽:富貴晴美
振付:小野寺修二
照明:鷲崎淳一郎(ライティング・ユニオン)
音響効果:川名武
舞台監督:栗原弘昌
制作:西本勝毅
出演者:岡本和彦、大橋友子、市橋亜矢子、栗原弘昌、川尻麻美夏、
    亀井佑子、有田智也、長瀬円美、小立哲也、渡辺千尋


日程 :2018年3月22日(木)~25日(日) 
      全日10時30分、14時開演 (全8回公演)
会場:新宿東口 紀伊國屋ホール
入場料金: 3,130円(3歳以上均一) [全席指定・税込]
チケット発売:2018年1月4日(木)10:00~
お問合せ:人形劇団プーク 03-3370-3371

■過去の活動履歴

終了した公演・ワークショップなどの情報を掲載しております。(新しい順)

小野寺修二 ワークショップin銀座九劇アカデミア
「ただ、立つことから始めてみよう」
2018年 1月6日(土)〜8日(月・祝)開催

銀座九劇アカデミア 小野寺修二WSページ


日程:2018.1.6(土) - 2018.1.8(月)
   全3回 (全ての日程に参加可能な方)
時間:2018年 1月6日(土)・7日(日)・8日(月・祝)
   1クラス目 14:00〜16:00
   2クラス目 17:00〜19:00
(2クラス制 どちらか片方のクラスを3日間連続でのご受講)
参加費:10,800円
定員:2クラス制 1クラス最大15名
お問い合わせ先:銀座九劇アカデミア info_academia@lespros.co.jp

白石加代子女優生活50周年記念公演
笑った分だけ、怖くなるvol.2
小野寺修二演出
東京あうるすぽっと他、各地にて公演あり!

上演台本=「乗越駅の刑罰」笹部博司 「ベーコン」佐野史郎
演出=小野寺修二


出演=白石加代子
   佐野史郎


MTP「笑った分だけ、怖くなるvol.2」ページ


白石加代子と佐野史郎という強力なタッグなくしては実現し得なかったこの企画。
2015年4月にVol.1を上演。小野寺修二の演出により二人が動き、動き、動く。これは朗読劇?ドラマリーディング?客席がうねりにうねり、笑いに笑い、そしてえもいわれぬ恐怖。読書中の脳内がそのまま舞台に飛び出し、五感で小説を体感させてくれた。2年の歳月を経て、待望の第2弾が堂々上演決定です。


◎第一ラウンド 筒井康隆 作 「乗越駅の刑罰」(新潮文庫刊『懲戒の部屋』より)
小説家の入江は七年ぶりの里帰りで乗越駅にやってくる。無人と思い切符を出さずに改札を抜けようとすると、駅員に呼び止められる。入江の弁解を一切認めず駅員は言葉尻をとらえて執拗に入江をイビる。そこに、もう一人の駅員が来て子猫入りスープを作り始める。怖くなった入江は金を渡して逃げようとするが、余計怒りにふれて、無理やり猫スープを飲まされて・・・ 逃げ場なしの悪夢的状況に佐野史郎はどうなってしまうのか…
◎第二ラウンド 井上荒野 作 「ベーコン」(集英社文庫刊)
母は家族を置いて家を出た。その母が死んだ。葬式で母の恋人と出会った「私」。初めてだった。男からそんな目で見つめられたのは。男の視線につき動かされ、彼の家へ通いつめる「私」。男が作ったベーコンを食べたとき、強い衝動に襲われ禁断の愛の味を知る――― 佐野史郎熱望により井上荒野にオファー。白石加代子と佐野史郎の禁断の愛はとてもスリリングで濃密な予感。


日程=2017年10月17日(火)〜22日(日)
会場=あうるすぽっと(豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F)
料金=全席指定 前売5800円 当日6000円(税込)(未就学児童のご入場はご遠慮ください)


全国ツアー日程
池袋 10/17(火)あうるすぽっと19:00 
   10/18(水)あうるすぽっと15:00 
   10/19(木)あうるすぽっと15:00 
   10/20(金)あうるすぽっと15:00 
   10/21(土)あうるすぽっと14:00/19:00 
   10/22(日)あうるすぽっと15:00 
武豊 10/28(土)ゆめたろうプラザ輝きホール18:30 
新潟 11/3(金)りゅーとぴあ 劇場15:00
札幌 11/6(月)道新ホール
越谷 11/11(土)サンシティホール18:00 
吉祥寺11/14(火)吉祥寺シアター19:00 
大阪 11/17(金)近鉄アート館19:00
春日井11/19(日)春日井市民会館17:00 
西宮 11/21(火)兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール19:00
   11/22(水)兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール14:00
北千住11/25(土)シアター1010 15:00
   11/26(日)シアター1010 15:00
相模大野12/2(土)相模女子大学グリーンホール・多目的ホール18:30
練馬 12/6(水)練馬文化センター 小ホール19:00
亀戸 12/8(金)亀戸文化センター19:00
府中 12/10(日)府中の森芸術劇場 ふるさとホール17:30
多摩 12/13(水)パルテノン多摩 小ホール19:00
水戸 12/16(土)水戸芸術館 18:30
   12/17(日)水戸芸術館 14:00
富山 12/20(水)富山県民小劇場 オルビス18:45


スタッフ
演出補=藤田桃子
美術=青木拓也
照明=磯野真也(アイズ)
音響=清水麻理子(オフィス新音)
衣装=堂本教子
ヘアメイク=笹部 純
演出助手=平井由紀
舞台監督=矢島 健


宣伝美術=東 學(188)
宣伝写真=渞 忠之
制作デスク=小笠原京子、小川ちとせ
制作=高比良理恵、有賀美幸
企画=笹部博司
企画・製作=MTP


お問い合わせ MTP 03-6328-6299

朝日カルチャーセンター新宿教室
小野寺修二マイムワークショップ
2017年 12月16日(土)開催

身体の動きや表情から、観ている人に想像の糸口を渡すマイム。
演劇などの演出家として活躍中の講師と、マイムを基盤に自分がイメージする動きの再現を探ります。


朝日カルチャーセンター・小野寺修二マイムワークショップページ

【開催日時】 2017年12月16日(土) 18:30-20:00
【開催場所】 新宿住友ビル 4階 (東京都新宿区西新宿2-6-1)
【受講料 】 会員 3,240円|一般 3,888円 (会員登録には、別途お支払が必要です。)

※本ワークショップは、会員登録をせず一般料金でご受講頂くことが可能です。

【連絡事項】当日は、動きやすい服装、裸足もしくは滑りにくい靴下でご参加下さい。

※更衣室のご用意がございます。

【ご予約 】朝日カルチャーセンター 新宿教室のページから、お申し込み下さい。



お問い合わせ先:朝日カルチャーセンター 新宿教室
03-3344-1941(平日9:30-19:00|土曜日9:30-18-30)

SPAC 秋→春のシーズン 2017 – 2018
『変身』小野寺修二演出

SPAC 秋→春のシーズン 2017 – 2018『変身』ページ

ある朝、自分が一匹の巨大な毒虫に変わっているのに気付いた―。カフカの名作を、ジャンルにとらわれない多彩な活躍で話題をさらう小野寺修二が演出。マイムをベースにした身体表現に台詞を取り入れる独自の手法で非現実的な世界をスタイリッシュな舞台に変容させる。待望の再演! 


 演出:小野寺修二
 原作:フランツ・カフカ
 音楽:阿部海太郎


 出演:大高浩一、貴島豪、榊原有美、鈴木真理子、たきいみき、
    武石守正、舘野百代、野口俊丞、宮城嶋遥加、吉見亮


一般公演日程: 2017年11月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)・
            12月3日(日)・9日(土)・10日(日)
        (その他、中高生鑑賞事業あります)


  *2014年初演時の公演ページブログ



◎発売日:SPACの会 会員先行予約開始: 7月29日(土)10:00
            一般 前売開始: 8月5日(土)10:00
◎チケット購入方法
SPACチケットセンター 電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
   窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
   ウェブ予約  携帯電話予約 
   セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
     一  般: 4,100円
    ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
    グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)※10名様以上の場合は電話窓口にて取扱
    ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
    学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 
           [高校生以下]1,000円
    障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
 ※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
 ※各種割引 公演当日、受付にて証明書をご提示ください。


主催:SPAC‐静岡県舞台芸術センター
ふじのくに芸術祭共催事業
支援:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

カンパニーデラシネラ「ロミオとジュリエット」大阪公演
2017年10月7日(土)10:00発売開始!

原作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:小野寺修二
美術:石黒猛


デラシネラ版『ロミオとジュリエット』は、五幕にわたる原作のうち台詞を最小限まで減らし、身体表現に重きを置いた手法で、登場人物それぞれの心の変化を描きます。誰もが知ってるあのシェイクスピアの悲劇が、小野寺の演出によるデラシネラワールドで大人も子供も楽しめる、驚きと感動に満ちた全く新しい作品に変貌します。カンパニーデラシネラ初の大阪公演、どうぞお見逃しなく!


出演:浅井浩介、荒悠平、大庭裕介、崎山莉奈、仁科幸、藤田桃子


照明:吉本有輝子
音響:池田野歩
衣装:堂本教子
舞台監督:橋本加奈子
イラスト・チラシデザイン:チャーハン・ラモーン
制作:合同会社 syuz’gen


日程:2017年12月9日(土) 14:30/17:30
   *受付開始は開演の40分前、開場は30分前


料金:〈全席自由・日時指定・整理番号付・税込〉
    一般前売 2,500円
    学生   2,000円
   (当日券は一般・学生ともに+500円)
  ※公演当日に学生証や年齢の確認出来るものをご提示ください。
  ※学生チケットの取り扱いはデラシネラWebサイトのみ。
  ※未就学児入場不可。


会場:クリエイティブセンター大阪
   〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋4丁目1番55号 名村造船旧大阪工場跡 BLACK CHAMBER
   TEL: 06-4702-7085
    ■地下鉄四ツ橋線「北加賀屋」駅下車4番出口より徒歩10分
    ■大阪駅からは地下鉄御堂筋線で「大国町」乗り換え 所要約20分
    ■お車では、阪神高速堺線玉出ランプより約5分 駐車場1日1,000円


チケット取扱い: デラシネラWebチケット予約ページ
           チケットぴあ 0570-02-9999[Pコード:481-219](24時間・自動音声対応)
        チケットぴあ店舗、セブン−イレブン、サークルKサンクスでも直接販売


お問合せ:カンパニーデラシネラ(制作/合同会社syuz’gen)
     TEL 03-4571-0773
     MAIL derashinera@syuzgen.com


協力:公益財団法人セゾン文化財団
主催:株式会社デラシネラ